台湾1周自転車旅行(環台サイクリング)

台湾ではポピュラーである自転車による「環台(台湾1周)」。 実は日本在住のサラリーマンが休暇でできる楽しい旅行です。 1週間休暇があれば、是非台湾1周サイクリングをしてみては如何でしょうか。 その道しるべとなれば幸いです。

台湾1周地図

第一日目

まず、成田から台北の松山空港ですが、7時10分発の飛行機に乗りました。
台北は10時着です。
WiFiの受け取り、海外旅行保険の加入、両替が必要だったので早めの時間に行きました。

ちなみに往復43,370円です。
(安いか高いかは知りません)

成田空港までは実家の母に車で送ってもらいました。
バカでかい自転車の入った段ボールと荷物群。とてもではないですが電車では無理です。
ありがたいことです。

自転車は難なく預けることができました。
個人的にはチャイナエアラインは安定感があり、好きです。


台北に付くと、自転車は個別に運び出して来てくれました。
さて、出発です!

まず、空港のセブンイレブンに行って、台湾自転車協会から送られてきているはずのGPSを受け取ります。
自転車協会の方は本当に親切で、自分が書いた発送伝票や説明書の写メを事前に送ってきてくれました。
また、備考には「日本人の方なので、気を遣って対応してください。」との一言まで添えられています。私は海外の方にそういった対応をしてあげられているでしょうか。中国人だから。と雑に扱っていないでしょうか。はっと目が覚めるような親切な対応に頭が上がりません。異国での親切は身に沁みます。

思いのほか簡単にGPSは受け取れました。


次は自転車の組み立てです。
これが本当に大変でした。
台湾は沖縄より遥か南の熱帯なので、とにかく暑いです。
空港の外で段ボールを開けてせっせと組み立てますが、その傍からポタポタ汗が滴ってきます。

レンチを使いながら自転車を組み立ててる日本人に台湾の人たちは陽気に話しかけてきてくれます。
自転車で台湾1周をするんだ、というと皆驚いてくれます。自分も自転車が趣味だという人もいます。

自転車を組み立てるのと同時に、入っていた段ボールやレンチなどの工具は帰国まで使いませんので、空港にあるクロネコヤマトで最終日に泊まるホテルに送付しないといけないです。
発送の手続きの間、自転車を空港の警備員の若い男の子がカウンターの中で預かっておいてくれました。本当にみんな優しいんです。帰りにジュースを奢ってあげました。
そしたら「ありがとう!」って日本語で返してくれました。

結局空港に2時間くらいいました。

予定

6日間で台湾1周。まずコレ。


1日目 台北松山空港→蘇澳(140km)

2日目 蘇澳→花蓮(100km)

3日目 花蓮→台東(170km)

4日目 台東→台南(220km)

5日目 台南→台中(180km)

6日目 台中→台北松山空港(190km)

7日目は台湾観光。

8日目に帰国。

Route 2827035 - powered by www.bikemap.net


地球の歩き方を見て、大きな都市しか宿がないのかな。と思っていたので、ちょっと歪なスケジュールになってしまいました。実際走ってみると、途中の小さな町でも民宿はありました。

また、いざというとき、つまりスマホの電池が切れてしまった時のために、宿はすべて事前、かつ中心駅の目の前に取りました。絶対途中での挫折は許されませんし、言葉が通じないので道に迷っても苦しい状況に陥るからです。

高低差は400m程度なので、易しい道のりだな。と思いました。


航空券はエクスペディア
が一番安かったです。

また、台湾の旅でめちゃくちゃ活躍したのが、agodaというサイトです。
台湾においては最強なんじゃないかというサイトでした。
アプリまでダウンロードしてしまいました…。