一番の理由は1週間休暇をもらったのに、暇だったからです(マジ

もともと、「銀輪の巨人」という本を読んで、世界一の自転車メーカーである「巨大機械工業(ジャイアント)」が台湾の企業であり、その社長が自転車に乗って台湾を1周した。というのが微かに記憶に残っていました。

 

当時、「自転車で○○1周」が自分の中でマイブームになっておりまして、1周リストに加えとこ。

→どんなんだろか。

大阪大学自転車競技部のHPをブックマークする。

 

時は流れ、「弱虫ペダル」を読んで自転車熱がふつふつと湧いてきました。

高校生の主人公たちがやった合宿は、4日間で1000km6日間で1000kmなら、言葉が通じなくても、熱帯の豪雨になろうとも、どうにかなるだろな。と。高低差もあまりないみたいですし。