◇飛行機の輪行

幾度となく日本の電車での輪行は経験していますが、飛行機は初めてのこと。

注意しなければいけないのは3点。
・20㎏

・3辺合計213㎝

・自転車の破損




私はチャイナエアラインに乗っていったのですが、事前に自転車を持っていくと伝えたからか、めちゃめちゃ親切に、3辺の長さなんて測らずに乗せてくれました。日本語で「自転車?大丈夫。大丈夫。」と。

とはいえ、空港に行くまではそんなこともわかりません。

先人の皆様のブログ等を参考にし、GIANTのショップで大きな段ボールを調達し、きっちり213㎝以内になるように箱も工作していきました。

そのため、ペダルレンチも買ってしまいましたし、その六角レンチやらスタンドの取り外しやらの練習も1度しなくてはなりませんでした。初めてサドルや、ハンドルを取り外しました笑。今まで5㎝身長の高い父親のサドルのままで運転していました(ぇ

https://youtu.be/quWPInGe3tE



とにかく、台湾に行って自転車壊れてました→自転車を押して自転車屋に行く→中国語で直してもらうってなったら、初日の日程が激しく困難になります。念には念を入れるしかないです。



この工具たちを、自転車旅行に同行させるわけにはいきません。段ボールやら工具やらは、まとめて初日の空港でホテルに送りました。



◇台湾1周証明書

大阪大学の方のブログを見て、せっかく1周するからには、記念の証明書があったらいいな。と思い申請しました。

GPSを借りて、台湾1周を記録してもらうというものです。4000元(16,000円)くらいで、2つの団体がやっているようです。

私が台湾1周を思い立ったのが、旅行の3週間前ということ、出発日が、GPSを松山空港で受け取ることに。

このやり取りを必死にGoogle翻訳を使いながら中国語でメールしました。ここで思ったのがですね。

マジで台湾人優しい!!!


ってことです。融通も聞けば、かゆいところに手が届く添付ファイル。

GPSの機械が中国語と英語の説明書しかない→日本語訳してくれて添付ファイルもくれる。GPSの発送伝票も写メを送ってくれる。備考には「日本人のお客様なので丁寧に対応してください」

台湾のホスピタリティを、既にビンビン感じ取っていました。